キンコン(キングコング)西野がてるみくらぶ被害者を救済?「面白いこと」とは一体?

お笑い芸人のキングコング西野亮廣さんが、てるみくらぶ破産の被害者に対し呼びかけしており密かに注目されています。

【2017年4月10日】「面白いこととは何か」に追記。

【2017年4月12日】「面白いこととは何か」に追記。

スポンサーリンク

西野 亮廣(にしのあきひろ)ってどんな人?

西野 亮廣は、日本のお笑い芸人、絵本作家。お笑い芸人としては本名の西野 亮廣名義で、漫才コンビキングコングのツッコミ、ネタ作り担当でとして活動していた。元相方は梶原雄太。絵本作家としてのペンネームはにしの あきひろ。 兵庫県出身。吉本興業所属。身長173cm、体重57kg。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%87%8E%E4%BA%AE%E5%BB%A3

お笑いタレントとしては有名ですが、絵本作家としても活躍されていたとは知りませんでした。
絵本作家としての「にしのあきひろ」の作品

フェイスブックに投稿されたメッセージ

そのメッセージは2017年4月8日付け、西野氏のFB(フェイスブック)に投稿されました。

『てるみくらぶ』の被害に遭われた方、面白いことをしたいので、もし良ければ、キチンと被害が証明できる形で御一報ください。

出典:https://www.facebook.com/AkihiroNishino.official/?fref=ts

これを受け、多くの被害者の方が西野氏のFBに被害額や銀行の振込明細をアップしています。

面白いこととは何か?

【2017年4月12日追記】

4月11日、西野氏のブログで『面白いこと』の内容が発表されました。

概要は以下の通りです。

・『てるみくらぶ』の被害に遭われた方のうち1組に”行けるハズだった旅行”をプレゼント。

・そのために、西野氏のブログでクラウドファンディングをする。金額は30万円。

・被害に遭われた方をFacebookで募り、最終的には西野氏のオンラインサロンに加入している方を選んだ。

・”助け方”を世間の皆様にお見せし、助け方の一つを提案したい。

さて、これって『面白いこと』なんでしょうかね?

『面白い』と感じられたのは、旅行をプレゼントされた西野氏のファンクラブの方お一人だけのような気が。

藁をもつかむ思いでFBに実名や被害額、振込明細書までさらした被害者の方々の立場、お気持ちは…。

ちょっとモヤモヤの残る結果となりましたが、西野氏が提案した”助け方”が広がり、一人でも多くの被害者の方が救済されるのを願うばかりです。


【2017年4月10日追記】

西野氏のFBに新たなメッセージが投稿されました。

『てるみてらぶ』???

てるみくらぶ被害者は西野氏企画の『てるみてらぶ』ツアーにでも参加できるのでしょうか?

謎は深まる一方です…


今のところ『面白いこと』の内容は明らかにされていません。

西野氏は一体なにを企んでいるのでしょうか?

てるみくらぶの被害総額は99億円とも言われており、西野氏自身がその被害額を補てんするなどということはまず不可能ですし、そんなことをするつもりもないでしょう。

考えられるとすれば、有名人であり影響力のある西野氏が、被害者を救済するための寄付を日本全国に呼びかけるといったことでしょうか?

西野氏のアクションが明らかにされたら、こちらでも情報更新していきたいと思います。

被害者の心情

てるみくらぶの破産により大金を失ってしまった被害者の方たち。

経済的にも精神的にもダメージを受け、未だ立ち直れない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなデリケートなてるみくらぶ問題。

『面白いこと』という形でネタっぽく扱われることについて、正直微妙な心境かもしれません。

一方で、てるみくらぶ問題がマスメディアで取り上げられることは日に日に少なくなってきました。

最近ではテレビでてるみくらぶのことを目にすることはなくなってしまいました。

西野氏がてるみくらぶ問題を取り上げることで、てるみくらぶが再び世間の注目を集め、風化され忘れ去られることが回避できるかもしれないといった期待もあります。

現状では、被害者の一部の方はクレジットカード会社からの返金を受けられることになりそうです。

しかし、現金一括払い組(ブログ筆者もここに含まれます)や返金対応受けられないクレカ払い組はJATAからの1%の返金を受けるに留まります。

西野氏が何らかのアクションを起こしてくれて、少しでも救済される被害者の方が増えるのなら、それはとても有難いことですね。

但し、ぬか喜びにならないよう大きな期待はもたないようにしたほうがいいかもしれませんが。

今後の西野氏の動きに注目したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする