【てるみくらぶ破産問題】破産管財人(土岐敦司弁護士)への問合わせ・回答の情報

3月27日、(株)てるみくらぶの破産手続開始決定(平成29年(フ)第2020号)を受け、土岐敦司弁護士が破産管財人として選任されました。

今後、破産管財人である土岐敦司弁護士が、てるみくらぶの財産の管理、処分および債権者への配分を担当することになります。

スポンサーリンク

破産管財人とは?

「破産管理人」とは聞きなれない言葉ですが、どのような役割があるのでしょうか?

破産管理人の役割は?

破産管財人とは、破産手続開始決定が下りた場合に、裁判所が選任する弁護士(普通は裁判所に選任候補として登録されている弁護士)のことで、この破産管財人によって、債務者(破産申立人)の財産の「管理・調査・評価・換価・処分」を行い、各債権者に債権額に応じて配当手続きを行います。

破産管理人は誰の味方?

破産管財人は、裁判所の代理人的な立場にあると考えるのが良いと思います。破産者の味方として破産者の経済的更生を図るという立場であり(破産法1条)、債権者の味方として破産者の財産を調査・管理・換価処分して各債権者に弁済または配当するという立場です。

そして、あくまで裁判所によって選任される公正中立な立場となっています。このように、破産管財人は中立的な立ち位置で手続きを進める人になります。

破産管財人(はさんかんざいにん)とは、破産手続きにおいて破産財団に属する財産を管理・処分・換価してそのお金を破産債権者に配当したり、届出のあった債権について必要があれば異議を述べるなどの事務を行...

てるみくらぶの破産管財人は?

成和明哲法律事務所所属の土岐敦司弁護士がてるみくらぶの破産管財人です。

1979年に大学を卒業されているので、60歳くらいの方と推定されます。

<経歴>

1979年 早稲田大学法学部卒

1983年 弁護士登録(第一東京弁護士会・梶谷綜合法律事務所)

1989年 独立(奥平・土岐法律事務所)

1997年 明哲綜合法律事務所設立

1999年~      法制審議会商法部会(現会社法部会)幹事

2001年~      株式会社丸山製作所社外監査役(現職)

2003年~      株式会社パルコ社外取締役

2003年~      株式会社クレディセゾン社外監査役

2005年~      株式会社カントリークラブザ・ファースト更生管財人

2006年~      新司法試験考査委員(商法・会社法担当)

2007年~      トスコ株式会社保全管理人・更生管財人

2012年~      日鉄住金テックスエンジ株式会社社外監査役(現職)

2013年~      一般社団法人日本経済団体連合会監事(現職)

  • 第一東京弁護士会総合法律研究所前委員長
  • 日弁連倒産法制等検討委員会前副委員長

<主な著書>

「わかりやすい新会社法Q&A」

「倒産再生再編六法」(民事法研究会・編集委員)

「新会社法による特例有限会社の法律実務」(新日本法規出版・監修)

「新会社法の実務ポイントと対応策Q&A」(セルバ出版・共著)

「執行役員制度の運用と実務」(新日本法規出版・共著)

「倒産処理・清算の法律相談」(青林書院)

「Q&A会社役員の法務,企業賠償責任の法務」(第一法規出版・編集)

「会社役員の法的責任と対策の全て」(日本実業出版・編集)

「詳解営業秘密管理(編集)企業再編のすべて」(商事法務・編著)

「会社法大系 2」(青林書院・共著)

「企業再編の理論と実務」(商事法務研究会・編集)

破産管財人への問合せや回答

破産管財人への問合せや、その回答についてネット上の情報を集めてみました。

今後も新情報が入り次第、追記、更新していきます。

(主にTwitter投稿からの情報ですので参考程度にお考えください。)

破産管財人からカード会社に対し返金の要請をしているようです。

その効果か、クレジット会社各社の対応が軟化してきたという情報もあります。(4月6日現在)

破産管財人に連絡、問い合わせするには?

下記の専用窓口まで。

【お問合わせ窓口】
TEL:03-3499-7555(平日10:00~17:00)
FAX:03-3499-5600

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする